ワールドカップの準決勝ドイツvsフランス戦がまさに行われているときに、高校時代の懐かしい友人に会うためのDüsseldorf訪問。離陸時のキャプテンの挨拶の最後に「最新の情報ではドイツが1点先制しました」と教えてくれて機内が大騒ぎになったり、着陸するなり皆テレビに釘付けだったり、街のいたるところに大きなドイツの国旗がかけてあったり、とまさにワールドカップ一色。
ついでに訪れたKölnでは性的マイノリティの権利の平等を訴えるイベントが行われていて、こちらは違う意味で賑やか。なぜか叩きモノのパフォーマンスばかりだったのは何か理由があるのかな。ケルン大聖堂の前でのドラムソロはめっちゃカッコ良くて、仲良しのドラマーのことをちょっと思い出した。